読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tmarchiの日記

一生運転!

家族サービスで焼肉屋へGO!

前々から約束していたように、今日は家族そろって焼肉屋へ行ってきました。家族全員のスケジュールがぴったり合ったのが今日だったのです。【なんか食いたい物あるか?】と聞いたら、子供たちは【肉が食いたい、肉が・・】と飢えたように答え、奥さんは【自分が作らへんのやったら何でもええ】という事なんで、焼肉屋に決定した次第。

mori-room.com

 

長距離をやっていた頃はほとんど家に帰れなくて、子供たちにも寂しい思いをさせてきたし、奥さんにも迷惑をかけてきたように思うので、最近はこうやって家族サービス的な事もやっているのです。

夕方、お酒は一滴も飲めない奥さんが運転する車で出発。私は当然ビールを飲むつもりなので助手席へ。ちなみに奥さんも大型の免許は持っているけれど、家の車は軽です。【税金が安い方がええに決まっとる】というのが奥さんのポリシーです。

店は私の知り合いがやっています。予約してあったのですんなりテーブル席へ。【何でも好きなん頼んでええよ】と言う私の横で奥さんが【うんうん、特っていう字がつかへんのやったら何でもええで】と子供たちに先制攻撃をかましています。【並の家族やで、肉も並でええんや】というのが奥さんのポリシーです。

とは言いながら、奥さんも久々の家族そろっての外食で嬉しそうです。ホルモンやらタンやらを子供たちが食べている様子をニコニコしながら見ていました。ま、自分はちゃっかりと海鮮焼きなんていうのを食べていましたが。実は海鮮焼きは特ロースよりも高いのです。

私はお好み焼きセットを注文しました。その店は網焼きではなくて鉄板焼きの焼肉屋なので、お好みもメニューにあるんです。【お好みなんて、家でも食えるのに】と子供に言われたので【いや、たまにはうまいお好みが食いたいんや】と答えたら、いつも料理を作っている奥さんがジロリとこっちの方を睨んできました。一時間程あれやこれや食べた後、締めに冷麺をひとつ頼んで、家族みんなで分けて食べ、そうしてお開きとなりました。

家に帰る途中、助手席に座って窓の外を流れていく街灯を見ながら考えていました。こうやって家族4人そろって食事が出来るのはいつまでなんだろうなあ、と。やがて子供たちも学校を出たら家を離れていくかもしれません。大人になって独立していってくれるのは親としても嬉しいのですが、なんか淋しいような気もします。隣の奥さんも同じことを考えていたのか、奥さんの目にうっすらと涙が浮かんでいました。

【どうしたん?大丈夫か?】と声をかけたら、【いやー、海鮮食いすぎて眠くなってあくびが止まらん】という返事が・・・。

うーん、この奥さんがいる限り我が家は安泰、つくづくそう思った一夜でした。